ここから本文です

近鉄の最安切符で不正乗車 男のあきれた言い訳とは?

関西テレビ 9月23日(金)20時0分配信

電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕されたのは大阪市東住吉区の無職・下村聖一容疑者(59)です。

【記者リポート】
「男は自宅近くにある近鉄矢田駅からこの初乗り運賃の切符で電車に乗ったという事です。」

下村容疑者は8月23日、東住吉区の近鉄・矢田駅で、最も安い150円の切符を購入。

その後、本来2240円の乗車券が必要な三重県の名張駅まで行き、駅を出ずに引き返しました。

そして150円の切符の区間内である針中野駅で降りる不正乗車をした疑いなどが持たれています。

警察によると、「窓枠にホコリが付いている」などと近鉄の社員にクレームつけることもあったという下村容疑者。

不正乗車を7年もの間繰り返していたという事です。

調べに対し下村容疑者は、「クレームを見つけるのが7年間の日課だった。生活保護になって時間ができた。金を使わずに時間が潰せた」と容疑を認めています。

最終更新:9月24日(土)1時12分

関西テレビ