ここから本文です

エアプサン、釜山-札幌増便 1日1往復、A321に大型化

Aviation Wire 9/23(金) 19:31配信

 エアプサン(ABL/BX)は冬ダイヤが始まる10月30日から、釜山-札幌線を増便し、1日1往復のデイリーで運航する。また機材を大型化し、需要拡大を図る。

 同路線は2015年12月に運航を開始。開始当初は火曜と木曜、日曜の週3往復で、今年7月から月曜と金曜を増便し、週5往復を運航している。冬ダイヤからは水曜と土曜発を増便する。

 スケジュールは曜日により異なる。日曜の場合、札幌行きBX182便は釜山を午前8時40分に出発し、午前11時に到着する。釜山行きBX181便は札幌を午前11時55分に出発し、午後2時40分に到着する。

 運航機材はこれまでのエアバスA320型機(エコノミー162席)からA321(同195席)に大型化。1便あたりの供給量を33席増加することで、輸送力強化を狙う。

 同路線は運航開始から8月まで、4万2278人が利用。提供座席数は4万8554席で、搭乗率は87.1%だった。直近の8月は6594人が利用。提供座席数は7186席で、搭乗率は91.8%だった。

---運航スケジュール---
釜山→札幌
BX182 釜山(09:00)→札幌(11:20)運航日:月木
BX182 釜山(08:40)→札幌(11:00)運航日:火水金土日

札幌→釜山
BX181 札幌(12:15)→釜山(15:00)運航日:月木
BX181 札幌(11:55)→釜山(14:40)運航日:火水金土日

Yusuke KOHASE

最終更新:9/23(金) 19:31

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。