ここから本文です

ベンチ倍増、混雑解消へ 長浜ウッドデッキの足湯改修

伊豆新聞 9月23日(金)13時40分配信

 熱海市の長浜海浜公園のうみえーる長浜ウッドデッキにある足湯が改修工事を終え、22日にリニューアルオープンした。これまで15人ほどしか座れなかったが、座席を増やし、30人まで対応可能になった。同公園を管理する多賀観光協会は「イベント時などに混雑したが、今後は待たせることもなくなると思う。ぜひ多くの人に利用してほしい」と話した。

【熱海特集】グルメ、レジャー、温泉を知り尽くす

 足湯は幅17・5メートル、奥行き1・7メートルほど。「足湯につかりながら景色を楽しんでほしい」と、海側は座れないようになっていた。イベント時に順番待ちになることも多いため、改修に踏み切った。海側にも座れるようになったほか、床面のすのこも撤去した。掃除しやすくなり、衛生面の向上も図った。

 東京都から訪れた主婦富原綾さんは「すごく温まる」と話した。

 足湯は2010年にオープンした。毎週土・日曜日とイベント時に開放している。利用者も増加を続け、昨年度は同公園で開かれた特設市64回の合計利用者は約1万2700人、1日当たり約200人だった。

最終更新:9月23日(金)13時40分

伊豆新聞