ここから本文です

蓮舫代表、ようやく台湾籍離脱 「私の認識、評価が混同し、ご迷惑を」

J-CASTニュース 9月23日(金)19時9分配信

 民進党の蓮舫代表は2016年9月23日、代表就任から初めての定例会見に臨み、同日午前に台湾当局から国籍離脱手続きが完了したという証明書を受け取ったと発表した。

【写真】菅官房長官が国会議員の二重国籍の是非について発言した

 だが、代表選期間中に蓮舫氏の発言が二転三転したことに加え、野田佳彦・前首相をはじめ野田内閣時代の主要メンバーを重用した人事が発表されたことで、依然として党内の不満はくすぶっている。

■「台湾は台湾の方にとっては自分たちの祖国」

 蓮舫氏は会見冒頭、国籍問題について

  「手続きを父に任せていたこと、31年前の記憶に頼っていたこともあり、さまざま私の発言、あるいは私の法的な認識、評価が混同し、ご迷惑をおかけしたことはお詫びしたい」

などと改めて陳謝。発言が二転三転したことで党内から批判が出ていることについても、

  「私に聞いてくる人もいるので、その都度丁寧に答え、説明をさせていただいている」

と述べた。

 国籍問題は、台湾にも波及している。蓮舫氏が9月11日の会見で、

  「(日本が台湾を国家として承認していない)『一つの中国』原則で言ったときに、『二重国籍』と(いう言葉を)メディアの方が使われるのは、少し私はびっくりしている」

と述べたことが原因だ。この発言が台湾では

  「台湾は国ではない」
   「中華民国は中華人民共和国に継承されたので台湾籍が自動的に失効した」

などと報じられ、台湾の与党・民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)は

  「この議論は間違っており、台湾を大いに傷つけた」

などと蓮舫氏を非難。考えを改めるように求めていた。

 蓮舫氏は、この点については、

  「短い時間で答えなければならない必要性があり、誤解を呼んだかもしれない。台湾は台湾の方にとっては自分たちの祖国と思っている。日本からしてみたら、中国の考え方を理解し、尊重するという考え方。これは、我が国の見方と全く同じだと認識してほしい」

と、「一つの中国」の原則を繰り返した。

 政府はこの問題について沈黙を守っている。菅義偉官房長官は蓮舫氏の会見の直後に開かれた定例会見で、

  「詳細は承知しておらず、どのような内容が明らかにされたかということも承知していない」

などと蓮舫氏の事例についてはコメントを避け、国会議員の二重国籍の是非という一般論についても、

  「議員ご自身で説明する問題だと申し上げている。ちなみに外務省では二重国籍の方の採用は行っていない」

と述べるにとどめた。

1/2ページ

最終更新:9月24日(土)1時15分

J-CASTニュース