ここから本文です

乃木神社でお神酒味わう「日本酒の会」 カープ優勝受け広島の酒も用意 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月23日(金)7時0分配信

 赤坂の乃木神社(港区赤坂8、TEL 03-3402-2181)で10月2日、「日本酒の会」が開かれる。運営は乃木会館(港区)。(赤坂経済新聞)

以前行われた「日本酒の会」の様子

 日本酒を通して神事や日本の文化を知ってもらうことを目的に行われる同行事。今年で7回目を迎える。

 会場となる境内では、入場時にオリジナルの升を配り、同神社をはじめ島根県の「出雲大社」、京都府の「伏見稲荷大社」、奈良県の「橿原神宮」、茨城県の「笠間稲荷神社」といった日本全国のお神酒や、愛知県の「醸し人 九平次」、福島県の「飛露喜」といった銘柄の利き酒を自由に飲むことができる。ほかにも、「稲荷寿司」「瓢箪(ひょうたん)のピクルス)「乃木会館料理長秘伝の玉子焼き」などが入った「おつまみセット」が付く。銘柄により一部追加料金あり。

 同会館日本酒の会担当の伴剛志さんは「全国のお神酒や、各地の日本酒をそろえるので、この機会にお試しいただきたい。また、25年ぶりに広島東洋カープの優勝を受け、広島のお酒もご用意するので、ぜひお越しいただきたい」と来場を呼びかける。

 定員は500人。入場料は4,500円。開催時間は17時30分~20時。雨天時は、乃木会館にて開催。要予約。定員に達し次第締め切る。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月23日(金)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク