ここから本文です

観光案内が多言語文字情報でスマホに---横浜の観光バスで実証実験へ

レスポンス 9月23日(金)8時30分配信

ヤマハは、横浜市交通局と連携し、音響通信を使って多言語の文字情報をスマートフォンへ提供送信するシステム、「おもてなしガイド」を活用した実証実験を実施する。

[関連写真]

横浜の人気観光スポットを便利に散策してもらえるよう、10月1日から運行を開始する、新たな観光路線バスの1つ「ぶらり三溪園BUS」で実験を行う。実験ではバスの利用者はスマートフォンを通じて、車内に流れる観光案内などの日本語アナウンス内容を多言語の文字で、ほぼリアルタイムに確認することが可能。

実験を通じて日本語が分からない訪日外国人や、音を聴き取りづらい人も観光を楽しんでもらえる多言語案内の実現を目指す。

横浜駅前(東口)~赤レンガ倉庫~中華街入口・山下公園~三溪園を巡る「ぶらり三溪園BUS」(土休日運行のみ)が対象で、期間は10月1日~2017年3月31日まで。対応する言語は日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語。利用料金は無料。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月23日(金)8時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]