ここから本文です

イ・サンヨプKAIST教授、アジア人初の「ジェームズ・ベイリー賞」

中央日報日本語版 9月23日(金)8時7分配信

KAIST(韓国科学技術院)のイ・サンヨプ生命化学工学科特聘教授(52)がアジア人で初めて「ジェームズ・ベイリー賞(James E.Bailey Award)」を受賞する。2005年につくられたジェームズ・べイリー賞は生物工学分野で世界的に大きな影響を及ぼした研究者に与えられる賞だ。化学工学分野の最大学会である米国化学工学会と世界生物工学会を通じて推薦された学者を審査委員会が選定する。

イ教授は2012年に米国化学会で選定するマービン・ジョンソン(Marvin Johnson)賞を受賞し、エルマー・garden(Elmer Gaden)賞、アムジェン生命工学賞、国際大使工学賞など国際的な賞をアジア人で初めて受賞した。去る6月には世界経済フォーラム(WEF)が選定した「2016年10大浮上技術」にイ教授のシステム大使工学が選ばれた。

システム代謝工学は「微生物工場」と代弁されて今まで石油を利用して作った燃料や化学物質などを微生物を利用して親環境的で生産できるようにする技術だ。実際にこの教授チームは大腸菌を利用して医療用高分子物質である「Poly(lactic-co-glycolic acid)」(PLGA)を生産するのに成功した。

ソウル大学と米国ノースウェスタン大学で化学を専攻したイ教授は満29歳だった1994年にKAIST(韓国科学技術院)史上最年少の教授として赴任した。その後20年間余りにわたり微生物代謝工学研究にまい進してきた。最高効率のコハク酸およびブタノール生産技術、世界で初めてガソリンおよびエンジニアリングプラスチック原料などのバイオ生産技術、システム代謝工学創始などこれまで生物工学分野で重要な研究を遂行してきた。

授賞式と記念講演は11月に米国サンフランシスコで開かれる米国化学工学会例年総会で進行される予定だ。

最終更新:9月23日(金)8時7分

中央日報日本語版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。