ここから本文です

(おやじのせなか)舘ひろしさん 淡々として紳士、父役のモデル

朝日新聞デジタル 9月23日(金)7時30分配信 (有料記事)

 「舘家の男は紳士たれ」と「ひろし、本を読め」が口ぐせでした。おやじは内科医で、私が中学生の頃に開業しました。「医は仁術」という時代の人。「大丈夫だよ、といいながら手を取ってあげるのが医者だ」。そういう人でした。
 おやじのように医者になろうと医学部をめざして浪人しましたが、建築科に進学。在学中にロックバンド「クールス」のメンバーとして音楽と俳優業を始めました。サングラスをかけて活動したのは、おやじにばれないため。妹が母に言いつけてばれたけれど、何も言わない。本当は医者になってもらいたかったと思うんですよね。……本文:1,769文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)7時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。