ここから本文です

ヴィック・チョウ、香港映画で殺し屋に 大型バイク操るクールな姿も/台湾

中央社フォーカス台湾 9月23日(金)16時59分配信

(台北 23日 中央社)俳優のヴィック・チョウ(周渝民、仔仔)が香港映画「S風暴」(台湾で30日公開)で冷酷な殺し屋に扮し、大型バイクで疾走するクールな姿を披露している。大型二輪の免許を所有しているヴィックはスタントなしで疾走シーンを撮影。よりリアリティーのある映像に仕上がっている。

同作はヴィックのほか、ルイス・クー(古天楽)、チョン・チーラム(張智霖)が主演。香港の廉政公署と警察幹部が手を組み汚職調査に乗り出すも、裏の黒幕に阻まれ…というストーリーが展開される。デイヴィッド・ラム(林徳祿)監督がメガホンを取った。

刑事アクションドラマ「ブラックアンドホワイト」(痞子英雄)に出演した際、バイクや銃撃のアクションに関する訓練を受けたヴィック。今作でのアクションシーンはお手の物で、撮影前には監督やカメラマンと話し合いを重ね、全く緊張しなかったという。

だが、ダダ・チャン(陳静)を後ろに乗せて街中を疾走するシーンの撮影については、プレッシャーが大きかったと話す。大型バイクに乗るのは初めてだったダダに対し、ヴィックはしっかりとつかまるよう促したという。一方のダダは「初めはきつく抱きしめるのは申し訳ないと思っていた。でも事故が起きては困るから、言いつけを聞くようにした」と裏話を明かした。

(王靖怡/編集:名切千絵)

最終更新:9月23日(金)16時59分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。