ここから本文です

〔東京株式〕小反落=円高傾向受け(23日前場寄り付き)

時事通信 9月23日(金)9時30分配信

 【第1部】休日中に進行した円高傾向を受けて輸出関連銘柄などが売られ、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)とも小幅ながら反落で始まった。
 トヨタ、富士重、日産自が値を下げ、三菱UFJ、三井住友も軟調。任天堂が下押し、ファナックはさえない。村田製の下げがきつく、JALは弱含み。東京海上が安く、JTは軟化。菱地所、三井不が甘く、オリックスは弱もちあい。半面、ファーストリテ、ソフトバンクGの値がさ株が買われ、リクルートHDはしっかり。ソニーが高く、KDDI、NTT、NTTドコモは上伸。

最終更新:9月23日(金)11時28分

時事通信