ここから本文です

ブラピ離婚引き金は子供への虐待疑惑 FBIも調査

日刊スポーツ 9月23日(金)6時46分配信

 ブラッド・ピット(52)が子供を虐待したとの疑いで、FBI、およびロサンゼルス郡児童家庭サービス局による調査を受けていることが明らかになった。米情報サイトTMZによると、このことが、妻アンジェリーナ・ジョリー(41)が離婚申請に踏み切った引き金になったという。

【写真】元妻J・アニストン ブラピ夫妻の離婚予測していた

 状況に詳しい複数の情報筋らが同サイトに明かしたところによると、ピットとジョリーは今月14日、子供たちと共にプライベートジェット機に乗っていたが、酒に酔ったピットが子供たちを怒鳴ったり、暴力を振るったりしたという。飛行機は午後8時ごろ着陸したが、ピットは滑走路でもわめき続けたらしい。

 情報筋らによると、ジェット機に夫妻と同乗していた誰か、あるいは滑走路で目撃した人物が匿名で、この事件について日本の児童相談所にあたる児童家庭サービス局に通報。ピットとジョリーはすでに、同局による事情聴取を子供たちと共に受けており、調査が続いているという。

 警察関係者によると、児童家庭サービス局がロサンゼルス市警の子供の虐待対策部に通報したが、事件がフランスから米国に向かう機上で起きたため、警察の管轄ではなく、FBIに調査を依頼。

 詳細はまだ不明であるものの、子供に対する言葉による虐待および身体的な虐待があった疑いが持たれているという。夫妻は6人の子供たちがいるが、一部では、ピットが子供たちの1人に対し、虐待的行為をしたとの報道もある。

 情報筋らによると、この事件が引き金となり、ジョリーは翌日、ピットと別居し、数日後には離婚申請したという。ピットに近い情報筋は同サイトに、「彼はこの問題を真剣に受けとめており、子供たちを虐待するようなことは一切していないと言っている。関係している人々が彼を可能な限り最悪の人間に見せようとし続けていることは、不運なことだ」と語っている。(ニューヨーク=鹿目直子) 

最終更新:9月23日(金)9時28分

日刊スポーツ