ここから本文です

ロシアのドーピング隠し問題、10月最終報告 WADA

朝日新聞デジタル 9月23日(金)7時9分配信

 世界反ドーピング機関(WADA)は21日、スイス・ローザンヌで常任理事会を開き、ロシアのドーピング隠しを調べているリチャード・マクラーレン氏が10月末までに最終報告をまとめることが報告された。

 7月に発表された第1弾では、2014年ソチ冬季五輪などでロシアが国家ぐるみのドーピング隠しを行っていたことが明らかになった。調査責任者のマクラーレン氏は調査途中としながらも隠蔽(いんぺい)が多競技にわたっていたことを示し、ロシアはリオ・パラリンピックに出場できなくなった。

 ロイター通信によると、マクラーレン氏は「調査はまだ数カ月かかる」と話しており、発表は遅れる可能性がある。個別の選手にドーピング違反があったかどうかを中心に調べている。

 また、常任理事会では不正防止のためにWADAの独立性を高め、調査機能を強化する方針で一致。17年の禁止薬物リストも承認した。リストは10月1日に公表する。(ロンドン=河野正樹)

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)7時9分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。