ここから本文です

仏大統領選、候補選び開始 共和はサルコジ氏ら火花

朝日新聞デジタル 9月23日(金)7時30分配信 (有料記事)

 来春のフランス大統領選への動きが本格的に始まった。最大野党・共和党(中道右派)ではサルコジ前大統領(61)とジュペ元首相(71)が候補者の座をめぐって火花を散らす。オランド大統領(62)の支持が低迷し、右翼・国民戦線(FN)が支持を広げる構図でのスタートだ。
 大統領選は来年4月に第1回投票、5月に決選投票がある。治安対策のほか、英国の離脱や難民・移民問題で揺れる欧州連合(EU)とどう向き合うかなどが問われる選挙となる。
 まずは11月、中道政党も参加する共和党の予備選がある。21日に7人の候補者の顔ぶれが決まったが、最大の注目は2012年に再選を逃したサルコジ氏。……本文:1,532文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)7時30分

朝日新聞デジタル