ここから本文です

世界の渡航先、台湾・台北が15位 前回より1ランク前進

中央社フォーカス台湾 9/23(金) 19:05配信

(バンコク 23日 中央社)米クレジットカード大手のマスターカードが22日発表した世界の渡航先ランキングで、台北が15位に入った。昨年から1ランク上昇。1位はタイ・バンコクだった。

同調査は世界132都市が対象。実施は6回目となる。海外からの渡航者総数と、渡航先都市での消費額をもとに順位を決定した。

台北は「急成長渡航先ランキング」では7位にランクイン。同ランキングは2009年から2016年までの7年間の渡航者数平均成長率を基準としている。台北の成長率は14.53%。急成長渡航先の1位は大阪(24.15%)だった。

(編集:名切千絵)

最終更新:9/23(金) 19:05

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。