ここから本文です

世界の渡航先、台湾・台北が15位 前回より1ランク前進

中央社フォーカス台湾 9月23日(金)19時5分配信

(バンコク 23日 中央社)米クレジットカード大手のマスターカードが22日発表した世界の渡航先ランキングで、台北が15位に入った。昨年から1ランク上昇。1位はタイ・バンコクだった。

同調査は世界132都市が対象。実施は6回目となる。海外からの渡航者総数と、渡航先都市での消費額をもとに順位を決定した。

台北は「急成長渡航先ランキング」では7位にランクイン。同ランキングは2009年から2016年までの7年間の渡航者数平均成長率を基準としている。台北の成長率は14.53%。急成長渡航先の1位は大阪(24.15%)だった。

(編集:名切千絵)

最終更新:9月23日(金)19時5分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。