ここから本文です

ドイツ失業者数、来年も減少続く見通し=政府

ロイター 9月23日(金)4時53分配信

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツ政府は22日、昨年100万人近い移民・難民が流入したが、2017年も失業者数は引き続き減少するとの見通しを示した。

連邦雇用庁の分析部門によると、今年の失業者数は前年比11万人減の推定269万人。来年はさらに7万人減り、約262万人となる見込み。

ドイツでは過去10年、2年を除き失業者数が減少しており、来年もこの傾向が続くとの予想を示した。

一方、労働人口は48万人増の4403万人に達する見通し。

最終更新:9月23日(金)4時53分

ロイター