ここから本文です

[新製品]microSDカード需要が急増、高性能のサンディスク製品に注目集まる

BCN 9月23日(金)18時8分配信

[新製品]microSDカード需要が急増、高性能のサンディスク製品に注目集まる

スマホニーズの二つの変化がmicroSD需要を喚起している

 今年の春、ついに従来型の携帯電話の普及率を上回ったスマートフォン。2016年3月末時点で販売台数の67.4%を占め、生活インフラとしてのポジションを確立しつつある。ユーザーの拡大は、スマホニーズにも変化をもたらしている。変化は大きく分けて二つ。大手3キャリア以外のMVNO(仮想移動体通信事業者)の登場による「サービスの多様化」と、端末の性能向上による「データの大容量化」だ。この二つの変化によって需要が増しているのが、microSDカードだ。

●SIMフリーの台頭で存在感高まるmicroSD

 「サービスの多様化」の最たる例が、SIMフリースマートフォン(スマホ)だ。16年8月の販売台数前年比は153.3%で、急速に支持層を拡大している。政府がMVNO各社の市場参入を推進していることもあり、今後も継続的な成長が予想される。microSDカードの販売台数前年比も123.0%と好調で、SIMフリー市場の成長を追い風に存在感を高めている。

 SIMフリーを選択するユーザーは、格安プランに合わせて、手頃な価格帯のモデルを選ぶことが多く、内蔵ストレージ容量は少なくなりがちだ。SIMフリースマホの8月の売れ筋トップ10をみても、キャリアショップで人気の64GBや128GBのモデルではなく、8GBや16GBが主流になっている。

 内蔵ストレージの容量不足という問題を解決するために、活用されているのが、microSDカードだ。もともと容量の大きい端末を購入するよりコスパがよいので、端末の購入基準として「SDカードスロットの有無」を挙げるユーザーも多いようだ。

●スマホ性能の向上でデータ容量が倍増

 microSDによるストレージ拡張が急増している、もう一つの要因が「データの大容量化」だ。カメラで撮影した写真1枚をとっても、数年前といまでは段違い。動画ともなればなおさらで、フルHD動画の4倍の解像度をもつ4K動画はデータ容量も大きい。最近では、周囲の景色を丸ごと映像に収める360°動画がトレンドに浮上しており、撮影データ容量の増大傾向はますます加速しそうだ。

 また、グラフィック性能やCPUの向上が、スマホで処理できる可能領域を押し広げたことで、アプリ自体の容量も飛躍的に大きくなった。microSDを利用すれば、本体を圧迫するデータサイズが大きいアプリを外部に逃しておくことができる。手軽に他のスマホやPCにデータを移行・バックアップできることもメリットだ。スマホを乗り換える際にも、microSDがあれば安心度は高い。

 録画したテレビ番組や音楽データをmicroSDに保存して、スマホで視聴する楽しみ方も浸透してきた。これらのデータは膨大で、本体に直接取り込んでいては時間も手間もかかってしまうが、microSDなら簡単だ。

●高性能のmicroSDを使用するメリットは?

 microSDを選択する基準だが、必要とする容量があればどれでもいいわけではない。性能差が「どれだけスマホの作業を快適にするか」を左右するからだ。高性能のmicroSDの代名詞であるサンディスクの「エクストリーム」シリーズは、「耐久性」「最大転送速度」「スピードクラス」、そして「ブランドへの安心感」から、ユーザーの信頼が厚い。

 まず、「耐久性」だが、スマホに搭載することを考えると、非常に重視すべき項目だ。常に持ち歩くので水没や落下によるデータ消失のリスクが高いからだ。「エクストリーム」シリーズは、IPX7(水深1mの海水または淡水で最大72時間、データを保護)の防水性能を誇る。耐衝撃性能も高く、最大5mの落下でも破損することはない。このほか、耐温度・耐衝撃・耐X線・耐振動・耐磁性を備え、あらゆる外部要因からデータを保護することが可能だ

 「最大転送速度」の高さは、スマホのパフォーマンスをどれだけ発揮できるかに影響する。microSDにサイズが大きいデータを移行するメリットは先に述べたが、この移行に時間がかかっていては本末転倒。転送速度が高速であれば、この移行時間を短縮できるのだ。また、写真撮影時に転送速度が与える影響も大きい。例えば、高速連写。同じ時間の連射でも、保存先をmicroSDに設定した場合、性能によって撮影できる枚数に差が出るのだ。

 シリーズの上位クラスはUHSスピードクラス3(U3)に対応。最低転送速度で30MB/s以上で、4K動画の推奨環境でもある。せっかく4K動画の撮影に対応した端末でも、性能の低いmicroSDを使用していたのでは、コマ落ちしたり、録画がストップしてしまう可能性がある。

 そして、最後にサンディスクの高い信頼性について。サンディスクmicroSDに使っているフラッシュメモリは、三重県四日市の工場で製造している。信頼できる“国産”ブランドといえるだろう。ことスマホに関しては、国産メーカーのスマホと互換性が保証されており、エラーを恐れず安心して使用できる。生活やビジネスを支える重要なデバイスであるスマホだからこそ、本体だけでなく関係性が密接なメモリカードについて理解を深め、最高の環境を整えたい。(BCN・大蔵 大輔)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(パソコンの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

最終更新:9月23日(金)18時8分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]