ここから本文です

森山直太朗 ベストアルバムに映像集をつけたのは既発曲のCDだけでは埋められないものがあったから

エキサイトミュージック 9/23(金) 11:30配信

 
■森山直太朗/New Album『大傑作撰』インタビュー(3)

森山直太朗がデビュー15周年を記念してオールタイムベスト『大傑作撰』をリリースした。タイムレスな名曲ぞろいの“花盤”(通常盤)に加え、初回限定盤には森山のコアな魅力が詰まった“土盤”も併せて収められるほか、映像集として珠玉の名曲たちをライブでセッションし新たな命が吹き込まれている。

「“花盤”だけでも、“土盤”だけでも語れないものがあり、DVD特典としてライブセッションを撮ったことによってそこが埋められるような感覚が僕にはありました。新録もありますが、基本的には既発曲を集めたCDを聴いて満足してくれた人が、もしDVDのライブ映像を見て『あんまりよくないな』って思ったら、僕の今の活動の意味が台無しになりますよね。曲が生まれて、そして今の僕がなお(最新の音楽として)それらを歌い奏でているのをいい形で見せることができたのは良かったなと思っています。まあ、最初はDVD付けたほうが買ってもらえるかなってすごい下心満載だったんですけど(笑)」

森山直太朗は、今作を引っ提げた全国ツアー【森山直太朗 15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』】を来年、1月よりスタートさせる。
(取材・文/橘川有子、構成/編集部)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:9/24(土) 13:30

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]