ここから本文です

レアルに痛手、カセミロが約1カ月の離脱 マルセロも数週間アウト

ISM 9月23日(金)11時9分配信

 レアル・マドリー(スペイン)は現地時間22日(以下現地時間)、ブラジル代表MFカセミロが左足腓骨にひびが認められ、戦列から離れると発表した。

 カセミロは、18日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第4節エスパニョール戦で途中交代となっており、21日のリーガ第5節ビジャレアル戦は欠場していた。

 同選手は約1カ月の離脱とみられ、リーガのラス・パルマス戦とエイバル戦、チャンピオンズリーグのドルトムント(ドイツ)戦は欠場する見込み。また、来月行なわれる2018年W杯南米予選にも参戦ができなくなった。

 レアルではまた、DFマルセロもビジャレアル戦で肉離れを起こしている。検査は23日に行なわれるが、数週間の離脱と予想されている。(STATS-AP)

最終更新:9月23日(金)11時9分

ISM