ここから本文です

〔東京株式〕小反落=売り買い交錯(23日前場)☆差替

時事通信 9月23日(金)12時0分配信

 【第1部】一時1ドル=100円台に進んだ円高を嫌気して下落して始まり、売買一巡後は売り買いが交錯した。日経平均株価は前営業日比20円73銭安の1万6786円89銭、東証株価指数(TOPIX)は3.48ポイント安の1349.19と、ともに小幅安で午前の取引を終えた。
 銘柄の39%が値下がりし、値上がりは54%だった。出来高は9億9805万株、売買代金は1兆0899億円。
 業種別株価指数(33業種)は、証券・商品先物取引業、その他金融業、輸送用機器などが下落する一方、情報・通信業、海運業、鉱業などは上昇した。
 個別銘柄ではトヨタ、富士重、ホンダが値を下げ、任天堂はさえない。村田製が安く、三菱UFJ、三井住友は下押した。第一生命、T&DHDが売られ、野村、松井証はさえない。ディーエヌエーの下げがきつく、花王は軟調。半面、ファーストリテ、ソフトバンクGの値がさ株が上伸し、リクルートHDは急伸。KDDI、NTT、NTTドコモが買われ、東京海上は強含み。コマツが高く、郵船はしっかり。国際帝石が強もちあい、小野薬は強張った。
 【第2部】続伸歩調。システムソフトが上伸し、シャープ、内海造は堅調。半面、アサヒインテックがさえない。出来高4145万株。
 【外国株】小じっかり。出来高67万7400株。(続)

最終更新:9月23日(金)14時26分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]