ここから本文です

ロゴマーク問題 荒井知事「経済効果期待でき妥当」

関西テレビ 9月23日(金)20時1分配信

関西テレビ

来年、奈良県で行われる「国民文化祭」のロゴマークの委託費が高すぎるとして、市民団体が費用の返還を求めている問題。
奈良県の荒井知事は「経済効果が期待できる」として改めて委託の妥当性を強調しました。

【川田裕 奈良県議】
「説明責任になっていない。それで県民は納得するんですか」

語気を強める県議会議員。

その理由は、「“高すぎる”ロゴマークの制作費」についてです。

奈良県の荒井知事が会長を務める国民文化祭の実行委員会は、ロゴマークの制作を公募せず“随意契約”で「くまモン」などを手がけた東京のデザイン会社に540万円で委託しました。

これに対し市民団体は「過去の国民文化祭と比べても費用が不当に高く、公募もしていない」などとして、荒井知事に510万円の返還を求めています。

23日の県議会で荒井知事は…

【川田裕 奈良県議】
「なぜ奈良県だけが500万円をかけないと目的を達成できないのか。その合理的理由はなにか?」

【奈良県 荒井正吾知事】
「熊本県が同じデザイナーに委託したくまモンは(委託費が)525万円でございまして。くまモンの経済効果は計り知れない。当たる当たらないということはありますが、そのような経済効果を期待しての発注だと思っております」

荒井知事はロゴマークが今後県に経済効果をもらたすとして委託の妥当性を改めて強調しました。

最終更新:9月24日(土)1時13分

関西テレビ