ここから本文です

明石市、情報公開請求者名を漏えい 市議会会派に

神戸新聞NEXT 9月23日(金)19時35分配信

 兵庫県の明石市議会事務局が、政務活動費(政活費)に関する情報公開請求をした市民団体や報道機関の名前などを請求者に無断で市議会全会派に伝えていたことが23日、分かった。同事務局は「請求者の情報をもっと慎重に取り扱うべきだった」と陳謝している。

 事務局によると、今年5月、市外の市民団体から政活費の収支報告書について情報公開請求があり、6月、主要4会派による非公式の会合「代表者会」で団体名や代表者名などが書かれた請求書のコピーを配布。不参加の3会派には口頭で伝えた。

 7、8月には新聞社3社とテレビ局1社からも請求があり、事務局職員が全会派の代表者に社名と記者名を口頭で伝えていた。

 藤本一彦事務局長は「今後、団体名や個人名を絶対に出さないという基準を策定したい」としている。

 政活費の情報公開請求をめぐっては、金沢市や鳥取市議会事務局でも、請求した報道機関名などを議員に知らせていたことが判明している。(井原尚基)

最終更新:9月23日(金)21時46分

神戸新聞NEXT