ここから本文です

<草刈正雄>大阪城は「ランニングコース」 「真田丸」昌幸の思い語る

まんたんウェブ 9/23(金) 16:03配信

 俳優の草刈正雄さんが23日、大坂城跡(大阪市中央区)で行われた「戦国・ザ・リアル at 大坂城」発表セレモニーに出席。草刈さんは、NHK大河ドラマ「真田丸」で真田昌幸を演じ、大阪城は真田家にゆかりのある土地でもあると説明しながら「大阪で撮影をしたりするのですが、この大阪城は、僕のランニングコースでもあります」と満面の笑みを見せた。

【写真特集】セレモニーで“真田軍”のショーほか大阪城に花火が!

 さらに、草刈さんはセレモニー後の会見で、大阪城に顔を向けながら「上田城から出てきた昌幸が、大阪城を見ながら『とてつもないものを作りよったな』というせりふもありますが、昌幸の中で大阪城に特別な思いがあったんでしょう。その気持ちを信繁に託していったんでしょうね」と感慨深げに語った。

 「戦国・ザ・リアル at 大坂城」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と大阪城がコラボレーションし、12月16日~来年3月12日の期間限定で開催される城を背景にしたプロジェクションマッピングをしながら花火や音響といった特殊効果を取り入れた“スペクタル・ライブショー”。USJが展開する「ユニバーサル・クールジャパン2017」第2弾の企画として開催される。ショーのほか、大坂夏の陣、冬の陣をイメージしたプログラムや、西の丸庭園では戦国時代の楽市・楽座の装いの夜店も出店される。

 セレモニーは、大坂城跡内の西の丸庭園内の特設ステージで行われ、草刈さんのほか、「真田丸」で石田三成を演じている山本耕史さん、松井一郎・大阪府知事、吉村洋文・大阪市長、USJのJ.L.ボニエCEOも出席した。

 草刈さんは同ライブショーについて「世界から見たら、戦国時代は日本の文化の中で、一番艶っぽい。世界がわくわくすると確信しています」とにっこり。「僕も、(こういったイベントを)もともと考えていたんですよ。実現できることは素晴らしい」と“昌幸”さながらのコメントをし、笑いを誘った。また「これからドラマはますます盛り上がっていきます。引き続き『真田丸』をよろしくお願いします」とアピールしていた。

最終更新:9/26(月) 15:40

まんたんウェブ