ここから本文です

“甲斐性なし”お父さんと5人の子供たち 「翔吾とパパの4回目の家族」

夕刊フジ 9月23日(金)16時56分配信

★大人のTV 「翔吾とパパの4回目の家族」~難病、不登校…でも笑顔~(BSフジ、24日午後3時)

 家族を描いたドキュメンタリーというと、難病ものであったり、大家族ものであったり、貧困ものであったりとさまざまだ。で、この家族。どれにも当てはまるからいやはや。さらに言えば、父親が甲斐性なしということも加わる。

 もともとは、睡眠中に呼吸が止まってしまうという100万人にひとりの難病と闘う少年の姿を伝えるドキュメンタリーだった。ところが、取材するうちに、個性的な少年の父親が主役に躍り出た感じだ。

 この父親、4度目の再婚を経て、なんやかんやで5人の子供を育てているのだ。もちろん看病の大変さもあって、離婚を繰り返すのは避けられないのかもしれない。

 40代にしてやんちゃそうな風貌に加え、仕事は何をやっても続かないという甲斐性のなさ。それでも、きっちり再婚しているから驚かされる。

 嫁に逃げられた後は男手一つで難病の息子を育てていたにしては、家事はすべて妻にまかせっきり。料理をするシーンもあるが、何とも心許ないぎこちなさ。ある意味、甲斐性のある男性といってもいいのだろうか。

 訳あって、途中から子供がひとり増えるという展開に。日々の生活も切り詰めているにもかかわらず、「ひとりもふたりも一緒だから」とあっけらかんと受け入れる夫妻には恐れ入るばかり。

 番組は10代後半になった難病の息子を軸に進むが、どちらかというと、今の妻の連れ子である中学生の娘がクローズアップされる。再婚へのわだかまりもあってか、不登校にリストカットと問題行動のオンパレードだ。

 いかに看病しながら、パートで働きながら、両親は娘と向かい合っていくのか。娘は立ち直ることができるのか。

 他人の家をのぞきみる楽しみはやめられない。テレビ的には見どころ満載といったところの家族だが、笑顔が絶えないためか、重くならないことで救われる。 (F)

最終更新:9月23日(金)17時18分

夕刊フジ