ここから本文です

〔東京外為〕ドル、101円台前半=実需筋の買いなどに(23日正午)

時事通信 9月23日(金)12時30分配信

 23日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、実需筋などの買いが入り、1ドル=101円台前半に上昇している。正午現在、101円10~11銭と前営業日(21日午後5時、101円80~82銭)比では70銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、100円80銭台で取引された。軟調に始まった日経平均株価を眺めて一時100円60銭台に下落したものの、「月末を控えての実需筋の買いが目立った」(為替ブローカー)ことからその後は上昇に転じ、仲値に向けて101円台を回復。やや伸び悩む場面もあったが、正午にかけては101円10~20銭台の高値圏で推移している。
 前日のFOMCで追加利上げが見送られ、ドル円は下値を試す動きとなったが、「100円を割り込まなかったことで目先は底堅いとの見方も広がった」(FX業者)とされ、いったんは買い戻す動きも強まったようだ。もっとも、「さらに上値を追う材料には乏しい」(大手邦銀)とされ、午後は101円前後でのもみ合いが続くとみられる。
 ユーロも対円で上昇。対ドルは小動き。ドル円の上昇を眺めてユーロ円も水準が切り上がった。正午現在、1ユーロ=113円21~22銭(21日午後5時、113円56~59銭)、対ドルでは1.1197~1198ドル(1.1153~1155ドル)。

最終更新:9月23日(金)14時26分

時事通信

チャート

アメリカ ドル / 日本 円
101.48 - 9月30日 0時40分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]