ここから本文です

Webサービスと連携できる事業者向けIoTプラットフォームを提供開始

MONOist 9/23(金) 9:55配信

 ヤフーは2016年9月2日、40種類以上のWebサービスやIoT(モノのインターネット)製品と連携できる、事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers β版」の提供を開始した。β版は無償で提供され、正式版の提供開始は2017年春を予定している。

 同プラットフォームでは、ヤフーが提供する「Yahoo!天気」「Yahoo!防災速報」など、人気のWebサービスやIoT製品と連携するためのAPIを公開する。同プラットフォーム上に自社のWebサービスやIoT製品のAPIを公開することも可能で、自社サービス/製品が利用されるきっかけにもなるという。

 例えば、ソニーモバイルコミュニケーションズでは、開発中の「Xperia Projector」の提供サービスとして、同プラットフォームと連携したサービス開発を検討している。また、オムロンは、見守りネットワークカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ家族目線」で、同プラットフォームとの連携を進めている。

 他にも、日用品ショッピングサイト「LOHACO」では、各種IoT製品からLOHACOでのショッピングを可能にするAPIを公開する予定だという。

 

 IoT製品の製造には、Webサービスやアプリの開発、サーバやネットワーク環境の構築など、ハードウェア製造以外のさまざまな技術や開発工程が必要となる。ヤフーでは、同プラットフォームを提供することで、新規事業者のIoT製品、IoTサービス提供を支援するとしている。

最終更新:9/23(金) 9:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。