ここから本文です

大阪・本町にカレー専門店「スパイス食堂ニッキ」 インスタグラムでも話題に /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月23日(金)10時0分配信

 大阪・本町にカレー専門店「スパイス食堂ニッキ」(大阪市西区立売堀1、TEL 06-6575-9730)がオープンして3カ月がたった。店舗面積は10坪。席数は15席。(船場経済新聞)

人気メニューの「サバとバジルのココナッツカレー」と「チキンマサラ」を楽しめる「2種盛り」

 「みんなのごちそう、カレーライスの店」がコンセプトの同店。店主の赤石茂樹さんは「マイルドなカレーから、通好みのスパイシーなカレーまで取りそろえた」と話す。

 メニューは「サバとバジルのココナッツカレー」「マトンとカシューナッツのカレー」「チキンマサラ」の定番3種に加え、2日に一度入れ替えるという「本日の気まぐれカレー」の合計4種を用意する。

 赤石さんはイタリア料理店など飲食店勤務の傍ら、カレーを独学で研究し、レンタル出店やイベント出店などを経て開業したという。

 来店客の半分以上は女性。インスタグラムなどのSNSで発信されることも多いという。「今後もリピーターのお客さまを大切に、地に足のついた営業をしていきたい」と赤石さん。

 営業時間は11時30分~18時。日曜・祝日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月24日(土)15時9分

みんなの経済新聞ネットワーク