ここから本文です

〔東京外為〕ドル、101円付近=株価下げ幅拡大で伸び悩む(23日午後3時)

時事通信 9月23日(金)15時30分配信

 23日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、下げ幅を拡大した日経平均株価を映して伸び悩んでいる。午後3時現在、100円99銭~101円00銭と前営業日(21日午後5時、101円80~82銭)比81銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、100円80銭台で取引された。軟調に始まった日経平均株価を眺めていったん100円60銭台に緩んだが、その後は株価が下げ渋る中、政府要人による円高けん制発言や実質的な五・十日に伴う実需の買いに支えられ、101円20銭台へ浮上した。ただ午後に入り、株価が下げ幅を広げたことに加え、週末を控えた調整売りにも押され、一時100円80銭台まで軟化した。
 ドル円は、米利上げ見送りや日銀の金融政策への懐疑的な見方から上値が重い一方、介入警戒感から下値も堅い地合いとなっている。日米の重要イベントを通過したことで材料出尽くし感が広がっており、「次の材料となる米大統領選までは決め手を欠き、レンジ相場になる」(FX会社)との声が出ている。
 ユーロ円はドル円に連動し軟化。ユーロドルは小動き。午後3時現在、1ユーロ=113円09~11銭(21日午後5時、113円56~59銭)、対ドルでは1.1198~1198ドル(1.1153~1155ドル)。

最終更新:9月23日(金)18時28分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]