ここから本文です

<山田孝之>6年続く「ウシジマくん」ファイナルへカウントダウン 「長かったけど楽しかった」

まんたんウェブ 9/23(金) 17:56配信

 俳優の山田孝之さんが23日、名古屋市内で行われた公開中の主演映画「闇金ウシジマくんPart3」(山口雅俊監督)の舞台あいさつに登場。同シリーズは、2010年に山田さん主演で深夜ドラマとして放送されて以降、繰り返しドラマ化、映画化され、今年10月22日に公開される「闇金ウシジマくん the Final」でシリーズを締めくくることについて聞かれると「長かったけど楽しかったです。(さみしくは)ないです」と充実した表情で語った。

【写真特集】山田孝之&本郷奏多がかっこいい! 乃木坂・白石もミニスカで

 山田さんは「ファイナルを見てもらえれば分かるんですけど、僕は、ちゃんと終われたなって思った。(ファイナルは試写を見て)『ウシジマくん』なのに泣いちゃったという人がすごく多い」といい、この日の舞台あいさつが「Part3」の上映後に行われたことから、「ファイナルは(Part3とは)色の違う映画になっています。バーッと頑張ってきた最後を本当に見てもらいたい。(自分も)試写が終わって監督のところに行って『本当に面白かった』と言えたので、期待してもらっていいと思います」とアピールした。

 舞台あいさつには本郷奏多さん、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん、やべきょうすけさん、山口監督も登場。10年の深夜ドラマ版から出演しているやべさんは「6年間、同じ役柄をやる機会があるかどうか考えると、おそらくない。僕自身も『闇金ウシジマくん』という作品で成長させてもらった」と感慨深げに語った。

 「闇金ウシジマくん」は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の真鍋昌平さんのマンガが原作。「トゴ(10日で5割)」という違法な高金利で金を貸す「カウカウファイナンス」社長の丑嶋(ウシジマ=山田さん)と、債務者たちの姿を描き、2010、14年に深夜ドラマが放送され、12、14年に劇場版が公開された。「闇金ウシジマくん Part3」は、丑嶋と債務者の億単位のマネーゲームを描く。10月22日に「闇金ウシジマくん the Final」が公開される。 

最終更新:9/23(金) 19:17

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]