ここから本文です

韓経:現代ロテム、ドイツ鉄道博覧会で2.8兆ウォン規模の受注相談

中央日報日本語版 9月23日(金)10時26分配信

独ベルリンで開催された世界最大の鉄道博覧会「国際鉄道車両輸送技術博覧会」で、現代ロテムはブラジルやペルーと受注相談をしたと22日、明らかにした。

1兆8000億ウォン規模のペルー・リマ車両およびシステム事業をはじめ、開幕初日に2兆8000億ウォン(約2560億円)規模の受注相談をした。

現代ロテム側は「今回の展示会を通じて車両製作だけでなくシステム保守まで技術力を知らせようと努力している」と説明した。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

最終更新:9月23日(金)10時26分

中央日報日本語版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。