ここから本文です

教育用マインクラフト、11月1日提供開始(1人当たり年額5ドル)

ITmedia ニュース 9/23(金) 8:58配信

 米Microsoft傘下のMojangは9月22日(現地時間)、教育者向けのMinecraft(マインクラフト)の正式版「Minecraft: Education Edition」を11月1日にリリースすると発表した。価格はユーザー1人当たり年額5ドル(約504円)。ライセンスモデルも用意する。

ポートフォリオ機能

 Minecraft: Education Editionは、Microsoftが1月に買収した教材アプリ「MinecraftEdu」をベースに開発された。MinecraftEduは40カ国以上の7000以上の教育機関で採用されていた。

 一般向けマインクラフトとの大きな違いは、30人までの生徒と指導者が同じ世界を共有できる点だ。また、生徒たちは自分の発見を“撮影”してレポートにまとめることができる。

 6月から提供してきた無料のプレビュー版は世界で3万5000人が利用した。プレビュー版のフィードバックに基づいて、指導者が世界設定を管理し、生徒の動向をチェックできる「Classroom Mode」や、新しいアイテムなどが追加された。

 11月1日まで、無料でプレビュー版を利用できる。申し込みはこちらから。利用するにはWindows 10あるいはOS X El Capitan以上のOSと、Office 365 Educationのアカウントが必要だ。

最終更新:9/23(金) 8:58

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。