ここから本文です

「股のぞき効果」研究で日本人がイグ・ノーベル賞 これで10年連続受賞

ねとらぼ 9月23日(金)9時42分配信

 ユーモラスで考えさせられる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」2016年版が9月22日(米国時間)に発表され、日本の研究者が認識学(知覚)賞を受賞した。これで10年連続で日本人が受賞したことになる。

【会場がもっとも盛り上がった「やってみますね」】

 受賞したのは「股の間からものを見ると見方が変わるか」を研究し、実際より小さく見える「股のぞき効果」を実証した立命館大教授・東山篤規(あつき)さんと大阪大教授・足立浩平さん。授賞式は米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開催された。

 人は前かがみになって股の間から後方を見ると、天地が逆さまになり、直立して見る景色とは異なり遠くのものが小さく、かつ手前にあるように見える。日本三景の一つといわれる「天橋立」(京都府)では昔から「股のぞき」をして景色を楽しむ風習があるが、まさにその効果を真面目に研究分析。人は姿勢の変化で視覚に影響するとして2006年に論文を発表していた。

 毎回笑わせるプレゼンが伝統になっている授賞式には東山さんが登壇。まずは自分でやってみせ、「股の間から見ると小さく縮んで見える」ことを説明。会場から大きな笑いと拍手が贈られた。

 今回の研究の受賞で、日本人の受賞者は10年連続、延べ60人となった。

最終更新:9月23日(金)9時42分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]