ここから本文です

ホンダFC、盛岡を2―1 天皇杯サッカー3回戦

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月23日(金)8時23分配信

 アマチュア集団の勢いは本物だ。ホンダは県代表決定戦から藤枝、岐阜、松本、盛岡と4試合連続でJクラブを撃破した。格上の選手にひるまず、パスサッカーを徹底。8強入りした2007年以来、9年ぶりに4回戦進出を果たした。

 前半から鋭い出足で盛岡を攻め立て、大町のゴールで1―0と前半を折り返す。後半14分に追い付かれたが、その3分後までに盛岡が2人退場者を出し、ホンダは数的優位に立った。

 自陣に下がり、ゴール前を固める相手に対し、井幡監督が切ったカードは、1、2回戦で結果を出してきた宮内、原田ではなく「守備陣の間でボールを収められる選手」と中川を選択。延長戦入りが濃厚となった試合終了間際に勝ち越しゴールを決めた中川は、歓喜に沸いたベンチになだれ込んだ。

 代わりの選手がしっかりと期待に応えるのは強いチームの証拠だ。Jクラブ以外で唯一勝ち残ったアマの雄。間違いなく、今大会の“台風の目”となっている。

静岡新聞社

最終更新:9月23日(金)10時16分

@S[アットエス] by 静岡新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。