ここから本文です

脱出支援用具にJISを制定…ベルトカッターやガラスハンマー

レスポンス 9月23日(金)14時6分配信

経済産業省は、自動車用緊急脱出支援用具に関するJISを制定したと発表した。

経産省では、技術の進歩や、安全性の向上など、必要に応じてJIS規格を制定・改正している。

[関連写真]

今回、自動車事故などの緊急時に乗員の脱出を支援する用具について、新市場創造型標準化制度活用における従来よりも迅速な規格原案作成作業を経てJISを制定した。これによって人命に関わる製品の安全性を確保、自動車事故などに関連した人的被害の低減を図る。

自動車用緊急脱出支援用具は、交通事故や水没事故などで自動車内に閉じ込められた際に、シートベルトの切断や自動車用強化ガラスの破砕により、乗員の車外への脱出を支援する非常時用車載用品。

この用品に関連する国内外の規格は存在せず、安全性に問題のある粗悪品が市場流通した実例があるため、安全・安心を確保するために新たにJISを制定した。

ガラス破砕突起部の硬さ、シートベルトカッタの形状・寸法、耐寒性、耐熱性、耐温湿度サイクル性、シートベルト切断性、ガラス破砕性、耐衝撃性、耐落下性について要求性能を設定した。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月23日(金)14時6分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。