ここから本文です

深紅の曼珠沙華 天上の世界へ

河北新報 9月23日(金)16時58分配信

 宮城県柴田町の船岡城址公園で、マンジュシャゲが見頃を迎えた。多くの来場者が深紅の花々を楽しんでいる。

【写真特集】空から降る白い毛玉 その正体は…

 マンジュシャゲはヒガンバナの別名で「天上の花」との意味も持つ。住民有志が植栽に力を入れており、ことしは約15万本が咲く見込み。

 散歩をしていた町内の主婦関麗子さん(68)は「花が年々増え、見応えが出てきた。赤い花がとてもきれい」と話した。

 町と町観光物産協会は10月2日まで、公園で「しばた曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり」を開いている。連絡先は町商工観光課0224(55)2123。

最終更新:9月23日(金)16時58分

河北新報

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。