ここから本文です

テニス=クルム伊達、来年復帰目指す ひざ手術のリハビリ順調

ロイター 9月23日(金)9時7分配信

[22日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。

来週で46歳になるクルム伊達は4月に手術を受け、1月に行われた全豪オープン予選を最後にプレーから離れている。

クルム伊達は「(完治には)1年を要すると言われているが、それより長くかかるか、短くなるか。ここまでは順調で日常生活に支障はない。アスリートとして筋肉を調整しなければいけないし、けがをしっかりと直したい」と語った。

最終更新:9月23日(金)9時7分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。