ここから本文です

今季ラス投?でやっと!虎・藤浪、志願完投137球で初コイ斬り

サンケイスポーツ 9月23日(金)7時0分配信

 (セ・リーグ、広島1-4阪神、25回戦、広島18勝7敗、22日、マツダ)遅すぎるのは分かっている。27個目のアウトを取った感覚のまま、もう来季へ向かいたい。生まれ変わった藤浪が、ようやく広島に雪辱星だ。打者を押し込み18・44メートルを制する姿を取り戻した。

 「バランスよく、フォームをいじったり、投げ方を変えたりして投げました。いい感覚を最後につかめたなと、今後につながるピッチングができたかなと思います」

 最速は153キロ。だが自己最速160キロをマークした前回14日の広島戦(甲子園)でつかみかけた感覚を、結果に変えた。2-0の七回二死一、三塁。新井を代打に迎えても自信があった。

 「自分の中でもすごく指にかかっている感覚があったので」と148キロ直球で力ない三邪飛に打ち取り、危機を脱した。八回を132球で終えたが、金本監督に「行かせてください」と志願。鈴木に中越えソロは許したが、9回5安打1失点で締めくくった。6月2日の楽天戦(コボスタ宮城)での1安打完封以来、今季2度目の完投。今季6戦0勝4敗だった広島を、ねじ伏せた。

 指揮官も「直球も結構空振りがとれていた。投手のことは素人なんだけど、やっぱり上体がブレていないような気がした。テークバックからトップの位置まで」とうなずく。藤浪自身も「しっかり立ってバッターとの距離を詰めるというところをやれば、自然に安定してきた」と振り返る。

 秋季キャンプではキャッチボールが中心の基礎メニューからやり直す方針だが、模索してシーズン終盤にたどり着いた力みがなくバランスのいいフォーム、そしてキレのある球に、手応えをにじませた。

 「本当はもっとシーズン序盤とか中盤でこういうふうになってくればよかったですけど。いろいろ試行錯誤して、遠回りしながらというか、やってきたことがひとつ出たかなと思います」

 今後のチーム状況次第となるが、このマウンドが今季最終登板となる可能性がある。7勝目を挙げたが11敗した2016年の最後に、もう二度と忘れてはいけない感覚を手にした。

最終更新:9月23日(金)8時5分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]