ここから本文です

AI作曲の“ビートルズ風”新曲、Sony CSLが公開(けっこうそれなり)

ITmedia ニュース 9月23日(金)11時44分配信

 ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)のResearch Laboratoryは9月19日、人工知能(AI)を使ってビートルズ風のポップソング「Daddy's Car」を作曲したと発表した。

LSDBのリードシート

 この曲を含むAIが作曲した曲を収めたアルバムが2017年にリリースされる見込みという。

 完全にAIが作曲したのではなく、作曲家が「Flow Machines」というAIソフトを操作して作曲し、歌詞は人間が付けた。

 Flow Machinesは、「LSDB」という楽曲データベースと作曲ツール「FlowComposer.」、「Rechord Player(リンク先はPDF)」という波形接続型音声合成エンジンで構成される。作曲家はLSDBに登録された多様なジャンルの約1万3000件のリードシート(楽曲の旋律とコードと歌詞だけを抜き出した楽譜)からスタイル(Daddy's Carの場合は「Beatlesスタイル」を選択)あるいは複数の楽曲を選び、FlowComposerで新たなリードシートを作成し、Rechordで編曲する。

 最終的な仕上げとミキシングは人間が行う。

 Daddy's Carの他に、米国の複数の作曲家(アーヴィング・バーリン、デューク・エリントン、ジョージ・ガーシュイン、コール・ポーターなど)のスタイルで作曲した「Mr Shadow」という曲も公開されている。

最終更新:9月23日(金)11時58分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]