ここから本文です

帯生地風の布ラベル酒 大祭盛り上げへ島田カネキチ

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月23日(金)9時44分配信

 島田市で10月8~10日に開かれる3年に1度の「島田大祭・帯祭り」を盛り上げようと、しょうゆ醸造や酒販業を手掛けるカネキチ(同市伊太)は22日、帯生地に見立てた布ラベルを使用した「純米吟醸 帯祭」を発売した。

 布ラベルは紫色と金色の2種類。どちらも金糸入りで華やかに仕上げている。ラベルの文字は大井神社の片川昭寿名誉宮司が揮毫(きごう)した。酒は地元の大村屋酒造場が醸造した。伊藤慎之助社長は「商品を通して、島田市と伝統文化の帯をPRしたい。祭りが盛り上がる一助になれば」と話す。

 手縫いの部分があるため318本の限定品。720ミリリットルで1814円。問い合わせはカネキチ<電0547(35)2342>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月23日(金)9時44分

@S[アットエス] by 静岡新聞