ここから本文です

ウディ・アレンからクイーンまで、後世に多大な影響を与えたマルクス兄弟の代表作『マルクス兄弟オペラは踊る』(1935年)【名画プレイバック】

シネマトゥデイ 9月23日(金)21時50分配信

 映画がサイレントからトーキーになった時、映画スターの勢力図は大きく変わった。自らの声、音を使いこなせずに失速していったスターたちの代わりに台頭したのがマルクス兄弟。マシンガントークの面白さ、ピアノやハープの演奏、さらにドタバタのアクションで、見せて聞かせる映画の新時代に躍り出た。数多くの傑作がある中で紹介したいのは、親しみやすい入門編として『マルクス兄弟オペラは踊る』(1935)だ。(冨永由紀)

 マルクス兄弟とは、1900年代から40年代末まで活躍した兄弟のコメディー俳優のグループ。ユダヤ系ドイツ移民の兄弟で、ヴォードヴィル芸人として舞台で活躍してきた彼らは1929年に『ココナッツ』で映画デビューするや、チャップリンやキートンの作品にはなかった話芸もプラスした芸風でスターになった。4人で活動していた兄弟だが、末弟で美男子キャラだったゼッポが抜けて、極太眉に口ひげで堂々と口からでまかせを言い続けるグルーチョ、イタリア訛りの詐欺師チコ、一言も発せずにマイムと口笛やホーンで意思表示するハーポというキャラクター設定のトリオになった第1作が『オペラは踊る』だ。

 イタリアのミラノで富豪の未亡人に取り入って、本場のオペラ劇団のアメリカ巡業資金を確保した詐欺師のドリフトウッド(グルーチョ)は一座を連れてアメリカ行きの船に乗る。そこに劇団員の若きテノール、リカルドのマネージャーのフィオレッロ(チコ)と一座のスター、ラスパッリの衣装係・トマソ(ハーポ)が絡み、歌姫ローザとリカルドのロマンスも描かれる。

 前作『我輩はカモである』(1933)の興行不振でパラマウント社との契約を切られた兄弟がMGMに移り、新規蒔き返しを図った勝負作だが、兄弟の持ち味である、度を超したナンセンスな悪ふざけ(前作はそれが災いして当時の観客が引いてしまった)はだいぶおとなしくなり、歌姫と駆け出し歌手の恋という、ロマンティックなストーリーラインがある。そこに茶々を入れるように引っ掻き回すのが兄弟によるコミカルな場面の数々。狭い船室に15人がすし詰め状態になるシーン、ドリフトウッドとフィオレッロが契約について話し合いながら契約書をどんどん破り捨てていくシーン、家具の配置換えで刑事を混乱させるシーン、ハーポはターザンばりに舞台の天井から吊るされたロープで飛び回るなど、後世で数え切れないほどパロディーやオマージュが繰り返された古典的ギャグが詰め込まれる。当時兄弟は3人とも40代後半になっていたが、演技はキレキレかつ軽やかだ。

1/3ページ

最終更新:9月23日(金)21時50分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。