ここから本文です

大久保2発!延長後半に右で左で 次節出場停止も「終わったこと」

スポニチアネックス 9月23日(金)7時1分配信

 ◇第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 川崎F4―1千葉(2016年9月22日 等々力)

 3回戦12試合が行われ、川崎Fは延長の末にJ2千葉を4―1で破った。FW大久保嘉人(34)が2得点で貢献した。J2横浜FCは延長の末に3―2でJ3長野に勝利。FW三浦知良が49歳6カ月27日で途中出場し、新日鉄釜石の紺野悦男が持っていた45歳7カ月5日の大会最年長出場記録を大幅に更新した。鹿島はJ2岡山に2―1で勝利。MF永木亮太(28)がミドル弾を決め、視察に訪れた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)にアピールした。

 やはり主役はこの男だった。延長にもつれ込んだ死闘。延長前半15分に途中出場した車屋のヘディング弾で勝ち越すと、延長後半3分、エドゥアルド・ネットのパスを受けた大久保が左サイドをドリブル突破。GKと1対1になって右足で決めると、7分後にもこぼれ球を左足で押し込んだ。

 「最後みたいに距離感が良かったのは久々。今年一番だね。リーグ戦につながる?俺(次は出場停止で)出ないから」とジョークも出るほどだ。120分間フル出場したが「お客さんは長くやったほうがいいんじゃない。それに、7時(開始)なら大変だけど、6時開始だから。楽しくやれば足もけいれんしないよ」と上機嫌で振り返った。

 17日のJ1リーグ大宮戦で、相手のファウルに報復して一発退場。次節25日の横浜戦は出場停止になる。しかし、処分の対象にはならない天皇杯には出場可能。横浜戦に合わせて主力組を温存した中、警告累積でやはり横浜戦が出場停止となるエドゥアルド・ネットとともに先発した。退場劇については「終わったこと」と口を閉ざすが、川崎Fでは過去2年、出場停止明けの3試合全てでゴール。この日は出場停止前ながら、一足早く2得点と、おわびの気持ちを結果で表現した。

 後半34分にはファウルで倒された際に「(相手は)レッドだ」と、西村主審に食ってかかって逆に警告を受けるシーンもあったが、さすがにすぐ引き下がった。終盤戦に向けて「この距離感を忘れないようにしたい」と周囲との連係に手応えを口にしたエース。出場停止明けとなるリーグ戦終盤でゴールを量産する。

最終更新:9月23日(金)7時1分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]