ここから本文です

関西六大学野球 24日から伝統の「産龍戦」

京都新聞 9月23日(金)22時22分配信

 関西六大学野球は伝統の「産龍戦」が24、25日、わかさスタジアム京都で行われる。連覇を目指す京産大と5季ぶりの優勝を狙う龍大は現在ともに勝ち点1。優勝するには落とせない重要な対戦となる。試合開始は両日とも午後4時。
■京産大・1年野手に勢い
 昨季優勝の京産大は前節の大商大戦で2連敗。連覇を狙うにはこれ以上勝ち点を落とせない。前節は湯川(2年、久御山)ら先発陣が奮闘したが、打線が2試合で1得点と援護できなかった。杉野(近江)、西川(龍谷大平安)、西元(福知山成美)ら勢いのある1年生野手を起点に盛り返せるか。
■龍大・打線つなげるか
 龍大は現在、3勝1敗。エース瀧中(4年、高島)はうち3戦で登板し、疲労の状態が気になる。打線は昨季首位打者の1番堀口(2年、近江)が3割8分、2番田頭(2年、今治西)が4割1分と好調を維持する。俊足の2人で好機をつくり、勝負強い目賀田(4年、龍谷大平安)らへつなぎたい。

最終更新:9月23日(金)22時22分

京都新聞