ここから本文です

<新宿アニソンスコープ>Aqours挿入歌シングルが首位 「聲の形」サントラ盤にロングセラーの兆し

まんたんウェブ 9月23日(金)21時30分配信

 タワーレコード新宿店のアニメ担当バイヤー・樋口翔さんが、アニソンの売れ筋や販売現場の生の声をお伝えする「新宿アニソンスコープ」。洋楽の聖地として知られるタワレコの中で、アニソンが充実し、巨大なPOPの展示やインストアライブを開くなど業界注目の新宿店の12~18日の1位は、「ラブライブ!」の新プロジェクト「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優陣によるユニット「Aqours(アクア)」のシングル「夢で夜空を照らしたい/未熟DREAMER」だった。

【写真特集】Aqours小宮有紗はスーパー戦隊出身 可愛い!と話題に

 ◇先週の結果

 「夢で夜空を照らしたい/未熟DREAMER」は、Aqoursにとって5枚目のシングルで、7月に始まったテレビアニメの第6話、第9話の挿入歌をカップリングした1枚です。それぞれメンバーが3人から6人、6人から9人へと増員した節目のエピソードを飾ったメモリアル回の楽曲になっていて、ファンからの支持も厚く、今回の首位獲得につながりました。

 “先輩”の「μ's(ミューズ)」と比べてローカルアイドル的な大らかさが魅力のAqoursですが、特に今回収録された「未熟DREAMER」は、日本人の琴線にふれるAqoursらしさが詰まった傑作だと個人的には感じております。今後クライマックスを控えていて、アニメの方も楽しみですね。

 トップ3入りは逃がしましたが、音楽ユニット「CHiCO with HoneyWorks」が相変わらずの人気で、シングル「カヌレとウルフ」が4位に入っています。少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載中の水波風南さんのマンガ「泡恋」とのコラボ作品になっていて、購買層としては10~20代前半の女性が圧倒的に目立っていました。

 劇場版アニメ「聲の形(こえのかたち)」のオリジナルサウンドトラック盤も、17日の公開に合わせてジワジワと売れ始め、6位にランクイン。早くもロングセラーの兆しを見せています。ヒロインの少女が聴覚障害を持っているという設定もあり、音による演出もしっかりとしている同作。緻密な音作りに定評のある牛尾憲輔さんを起用した劇伴では、チルアウトやエレクトロニカ寄りのサウンドが楽しめます。

1/3ページ

最終更新:9月23日(金)21時30分

まんたんウェブ