ここから本文です

銀行員が大規模スト 成果給導入などに反対=韓国

聯合ニュース 9/23(金) 14:10配信

【ソウル聯合ニュース】金融機関への成果年俸制導入や当局による経営介入に反対し、金融労働組合は23日、ストライキを実施した。金融労組の推計によると、スト参加者は同日午前時点で約5万人。韓国政府は2万人程度とみている。同労組のストは2014年9月以来、2年ぶり。

 金融労組によると、農協銀行と中小企業銀行(IBK)の参加者がそれぞれ1万1000人、7000人と多い。KB国民、新韓、KEBハナ、ウリィの4大銀行の参加者は全体の15%を超える程度だといい、ほとんどの店舗が通常通り営業しているようだ。

 一方、金融監督院は午前10時現在、1万8000人がストに参加したとの集計結果を発表。雇用労働部は参加者を1万9000人程度とみている。

 金融労組の金文鎬(キム・ムンホ)委員長は「成果年俸制を導入すれば、短期成果主義がはびこり、金融の公共性が損なわれ消費者につけが回る。企業側が成果年俸制と解雇しやすい制度の導入を撤回しないなら、第2、第3のストが起こる」と気勢を上げた。

最終更新:9/23(金) 14:27

聯合ニュース