ここから本文です

Bluetooth SIG、IoT開発者向けにサンプルを充実させたツールキット

Impress Watch 9月23日(金)12時19分配信

 Bluetooth SIGは9月21日(米国時間)、開発者向けツールキット製品群のアップデートを発表した。

 今回の最新Bluetoothツールキットにより、開発者はモバイルアプリや低コストのビーコン、IoTセンサーを制御するゲートウェイなどの作成をより高速に、高性能に構築できるようになるとしている。

 今回の開発ツールキットアップデートには、IoTセキュリティ、相互運用性、市場の課題に対応した、「Bluetooth Secure Gateway Toolkit」、「Bluetooth Starter Kit」、「Application Accelerator 2.1」、「Beacon Smart Starter Kit」の4つの最新ツールキットが含まれる。

 Bluetooth Secure Gateway Toolkitは、Bluetoothセンサーを遠隔から監視制御できるようにする、インターネットゲートウェイを作成するためのサンプルコンポーネントや、初期設定、詳細なハンズオンラボ、強化されたセキュリティコンポーネントを提供するとしている。これにより、デバイスはスマートフォンやタブレットの中継機能を必要とせず、安全な接続を経由してゲートウェイに直接接続することができるようになるとする。

 Bluetooth Starter Kitは、開発者向けにBluetoothについて紹介するハンズオンラボや、サンプルソースコードを含む包括的なトレーニングパッケージ。製品やアプリケーションへ無線接続を追加するために必要な基本情報が提供され、本バージョンではハードウェアとしてコスト効率が向上した最新のArduinoへ更新されるとともに、メーカーによる最初のBluetoothデバイスの構築を支援するため、「Bluetooth Developer Studio」がラボで使用できるようになっている。Bluetooth Developer Studioの最新のアップデートでは、異なるチップセットやプラットフォーム間で一貫性のあるBluetoothの実装が簡単に行なえるようになったとする。

 Application Accelerator 2.1は、サードパーティーの開発者によるAndroid 6.0/iOS 9/Windows 10/Tizen/Blackberry OSをサポートした、スマートフォン/タブレット、PC上におけるBluetoothアプリケーションの構築を支援するもの。

 Beacon Smart Starter Kitは習熟度別のキットで、ビーコン構築方法を習得し、センサーを活用できるようになるという。2016年末に上級キットがリリースされる見込みで、一般消費者向けや業務用の実際のアプリケーションに対するビーコン管理や、ビーコンの実用化に関する詳細が提供される予定だとしている。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:9月23日(金)12時19分

Impress Watch