ここから本文です

【中日】雄太、引退を発表!09年に球団記録開幕11連勝「サンデー川井」

スポーツ報知 9月23日(金)11時8分配信

 中日の雄太投手(36)が23日、今季限りでの引退を発表した。ナゴヤドーム内で会見に応じ、「ドラゴンズひと筋でやってきて、この球団で終わりたいと決めていた」と口を真一文字に引き締めた。

 雄太は日本通運から2004年ドラフト4位で入団。5年目の09年に球団記録の開幕11連勝を達成し、「サンデー川井」の異名でチームをけん引した。一番の思い出は11年のリーグ優勝とポストシーズン。「優勝の瞬間を味わえる人もいるし味わえない人もいる。その中に加われて幸せだった」と振り返った。

 その一方「自分の思う結果が出なくて、それを乗り越えられなかった自分もいた」と瞳を潤ませて声をうわずらせた。昨季は3試合0勝2敗に終わり、今季は一度も1軍登録がなかった。それでも「悔いの残らないように練習してきた。充実した1年だった」と言い切った。

 今後の進路は未定という。25日の阪神戦(ナゴヤドーム)で引退登板に臨む予定。

 ◆雄太(ゆうだい=本名・川井進=かわい・すすむ)1980年6月17日、長野・望月町(現佐久市)出身。36歳。上田西高、大東大、日本通運を経て2004年ドラフト4位で中日入り。それまでの本名から09年1月に「川井雄太」に改名しキャリアハイの11勝5敗、防御率3・78の成績を残す。12年1月から現在の登録名。通算99試合28勝31敗、防御率3・44。178センチ、77キロ。左投左打。既婚。

最終更新:9月23日(金)13時56分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。