ここから本文です

【中日】岩田、引退会見「そろそろ限界」…12年には「マジカルフォーク」武器に5勝

スポーツ報知 9月23日(金)11時49分配信

 中日の岩田慎司投手(29)が23日、今季限りでの引退を発表した。ナゴヤドーム内で会見に応じ、「自分の思うボールが投げられなくなってきた。そろそろ限界かなと思った」とユニホームを脱ぐ決断に至った理由を口にした。

 一番の思い出は2010年7月19日、横浜戦(ナゴヤドーム)での初先発。7回2/3を3安打無失点と好投し、プロ初勝利を収めた。「ああいうのをもっと続けたかった」と苦笑いした。12年には、ほぼ無回転で不規則に変化する「マジカルフォーク」など変化球を武器にローテの一角として5勝5敗をマーク。「学生時代から自信を持って投げていた。あの球で勝負できていたら良かったが、ここ何年かコントロールがつかず、(フォークで)勝負できないもどかしさがあった」と振り返った。

 昨季は3試合0勝2敗で、今季は雄太同様1軍登録がなかった。今後の進路は未定。24日の阪神戦(ナゴヤドーム)で引退登板に臨む予定。

 ◆岩田 慎司(いわた・しんじ)1987年1月27日、岐阜市出身。29歳。東邦高3年でセンバツ出場。明大を経て08年ドラフト5位で中日入り。10年にウエスタン・リーグ最多勝、最優秀防御率。通算48試合9勝15敗、防御率3・73。181センチ、80キロ。右投左打。既婚。

最終更新:9月23日(金)14時52分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]