ここから本文です

湘南MF斉藤 プロ初ゴール 17歳8カ月12日で浦和・遠藤超え

スポニチアネックス 9月23日(金)7時1分配信

 ◇第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 湘南4―0徳島 (2016年9月22日 BMWス)

 湘南のU―18日本代表MF斉藤がプロ初得点を挙げた。後半5分、左クロスをファーサイドのMF藤田が落とすと、ゴール右に詰めていた斉藤は「ラッキーもあって入った」と芯を外しながら右足で仕留めた。

 日本代表DF遠藤(浦和)は湘南での10年に17歳9カ月25日でJリーグでプロ初得点を挙げたが、それより早い17歳8カ月12日で達成。「(次は)Jリーグで決めたい」と10連敗中のリーグ戦での得点を誓った。公式戦初先発となった17歳のDF石原、19歳のMF神谷も先発。公式戦11戦ぶりの白星を飾った貴裁(チョウキジェ)監督は10代トリオについて「勇敢にプレーした」と称えた。

最終更新:9月23日(金)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。