ここから本文です

被害男性とSNSで連絡、呼び寄せか 浜名湖・切断遺体

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月23日(金)17時0分配信

 浜松市北区細江町の浜名湖で北海道出身の工員男性=当時(32)=の切断された他殺体が見つかった事件で、殺人、死体損壊、遺棄の疑いで逮捕された同市北区三ケ日町の無職の男(33)が、会員制交流サイト(SNS)で男性と連絡を取り合っていたことが、23日までの細江署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は容疑者が京都市にいた男性を静岡県内に呼び寄せたとみて、詳しい経緯を調べている。

 捜査本部によると、2人は数年来の知人で、携帯メールでもやりとりがあったという。男性が殺害されたのは7月5日ごろ。2人は7月初旬に浜松市内などで複数回にわたり行動を共にしていたことが防犯カメラで確認されている。容疑者のフェイスブック(FB)には男性とみられる人物が「友達」として登録されていた。

 捜査関係者によると、2人は7月に入って頻繁に連絡を取り合っていたことが確認されている。男性は京都市で電化製品の製造の仕事に従事していて、7月初旬に県内入りしたとみられる。同5日ごろ容疑者が借りていた磐田市のアパートで殺害されたとみられ、切断された遺体は7月8日に浜名湖で発見された。

 容疑者の逮捕容疑は7月5日ごろ、磐田市内に借りているアパート自室で出町さんを刃物のようなもので刺すなどして殺害、同8日までの間に遺体を切断し、浜名湖周辺に捨てた疑い。

 浜名湖では浜松市西区西山町の無職男性=当時(63)=の殺害、遺棄された骨が見つかる事件も発生している。県警は浜松市の男性のキャッシュカードで現金を引き出したなどとして窃盗罪などで起訴された容疑者が浜松市の男性の事件についても経緯を知っているとみて捜査している。

静岡新聞社

最終更新:9月23日(金)17時0分

@S[アットエス] by 静岡新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。