ここから本文です

中日二軍関係者ピリピリ「加藤コーチが監督?冗談じゃない!」

東スポWeb 9月23日(金)16時32分配信

 中日の新監督は小笠原道大二軍監督(42)の昇格が最有力視されているが、その空いた二軍監督のポストに加藤秀司チーフ打撃兼野手総合コーチ(68)が収まるのでは、との説が出ている。

 加藤コーチは落合GMの肝いりで入団。「昔の打ち方を教えてくれないか」との要請を受け、伸び悩む若手野手の起爆剤にと大きな期待をされていた。しかし、1年目の今季は大きな成果を生み出すことはできず。そればかりか指導法についても「言っていることが古いというか、単純というか…」「プロの指導者じゃない」と選手や他の首脳陣からも大ブーイング。さらには試合前に居眠りやスマホゲームをしているなど、その態度も問題視された。

 本来であれば責任を取って退団してもおかしくないだろう。ところが「実は表には出ていないが加藤コーチと複数年契約を結んでいたんです。だから1年で切ることはできないんです」とチーム関係者。そこで表向きには降格とは映らない二軍監督になるのでは、と噂されているのだ。

 そんな情報にピリピリしているのが二軍関係者。「冗談じゃないですよ。加藤コーチが二軍監督になったら、どこぞのクラブチームと同じになってしまう」と吐き捨てる。加藤コーチはシーズン途中に週刊誌に「無能コーチ」と取り上げられたことがきっかけで、報道陣に対して取材拒否を貫いており「少しでも多く情報発信をしていかなければいけない立場の人がそんな人では困る。勘弁してほしい」(同関係者)。

 果たして誰が指揮を執ることになるのか。中日は一軍だけでなく二軍の監督人事も注目される。

最終更新:9月23日(金)17時35分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]