ここから本文です

「キングコング対ゴジラ」4Kデジタルリマスター版が東京国際映画祭で上映決定

映画ナタリー 9月23日(金)13時0分配信

本多猪四郎がメガホンを取った「キングコング対ゴジラ」の4Kデジタルリマスター版が、11月1日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて上映されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ゴジラシリーズ初のカラー作品として知られる「キングコング対ゴジラ」。長らく行方不明だったネガフィルムが発見されたことにより、1962年公開当時のオリジナル版が4Kデジタルリマスターで復元された。このたびの上映は第29回東京国際映画祭の企画の1つとして行われるもので、英語字幕付版がスクリーンにかけられる。

チケットは10月15日から映画祭の公式サイトで販売される。そのほか日本映画専門チャンネルの加入者の中から155名が招待されることに。本日9月23日18時から10月10日24時まで、同チャンネルの公式サイトにて応募を受け付ける。

なお日本映画専門チャンネルでは、12月に「キングコング対ゴジラ」4Kデジタルリマスター版および「ゴジラ」デジタルリマスター版が2Kダウンコンバートで放送される。

第29回東京国際映画祭「キングコング対ゴジラ」4Kデジタルリマスター版上映
2016年11月1日(火)東京都 EX THEATER ROPPONGI
応募受付期間:9月23日(金)~10月10日(月・祝)

最終更新:9月23日(金)13時0分

映画ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。